分析機器・科学機器遺産に登録されました!(JAIMA/JSIA)

機器分析装置としては、先頭に記載されている。

表紙 

年表 

機器分析装置の始祖!

 1925年(大正14年)、柳本製作所(現ヤナコ)は、京都大学農学部志方益三教授より留学先のチェコスロバキア•カール大学において試作された「ヘイロフスキー•志方式ポーラログラフ」製品化の要請を受けた。その後、京都大学の舘勇教授の指導を受けて製品化に取り組み、1927年(昭和2年)に完成し、市販した。
この装置は、滴下水銀電極を指示電極とし、電解液の電流電圧曲線を写真印画紙上に自己記録させるものであった。(下記略図参照) 印可電圧と電解電流との相関変化(ポーラログラフ)を記録させるということは、ペン記録紙の電子管記録計が出現する1950年代まで、自己記録できる画期的な分析機器であり、本装置は機器分析の始祖とも言える装置である。
発明者であるヘイロフスキー教授は、1959年(昭和34年)にノーベル化学賞を受賞している。

分析機器展にてポーラログラフ御見学中の天皇陛下

1号機 (1920年代)

1930年代

現行機

  ポーラログラフシステム  P-1100/AST-200

   プロセスポーラログラフ SAP-3300シリーズ 

ポーラログラフ開発者

ヤロスラフ・ヘイロフスキー(1890–1967)
J.ヘイロフスキーは,良く知られているように,電気化学的分析法の1つであるポーラログラフィーの創始者であり,機器分析の時代を切り開いたのみならず,この手法の確立によって近代電気化学の飛躍的発展を可能とした。
この業績により,1959年にノーベル化学賞を与えられている。  ※ 電気化学の分野でのノーベル賞としては唯一
志方益三(1985–1964)
東京生れ.東京帝国大学農学部卒業(1920)後,京都帝国大学農学部教授となり,1942年中国東北地区の大陸科学院に転出,第2次世界大戦後1953年帰国し、名古屋大学農学部教授(1954-59)となる。
1922-24年プラハのカレル大学留学中,物理化学研究室のヘイロフスキーとともに滴下水銀電極を用いる電圧-電流曲線を自動記録させるポーラログラフィーを創案し,電気化学の研究に大きく貢献した。
1956年学士院恩賜賞を受賞。帰国後は主として有機化合物の電解還元の研究に関する業績を挙げた.
             (岩波:理化学辞典による。)

一覧へ戻る

Contents

お問い合わせはこちら

サービス サポート
Service Support

大気製品:075-611-5115
水質製品:075-611-1155

Yanaco China
株式会社アナテック・ヤナコ

〒612-8387
京都市伏見区下鳥羽平塚町145番地
TEL(075)611-1100(代)
FAX(075)611-1120

MAP